Image Image Image Image Image

NEWS

05/02

更新

2000枚限定シングル「真夏のダイナソー」、デジタル同時リリース決定!

2021年6月23日(水)に2000枚限定シングル「真夏のダイナソー」をリリースすることを決定しました!同日0時より順次、各音楽サイトにて配信も開始します。

リード曲「真夏のダイナソー」では、バンド・ヨルシカとしても活動するn-buna氏をアレンジャーに迎え、M3「泡沫の箱庭」ではプログラミングとしてRuby Fatale氏に参加頂きました。
早期予約特典「ダイナソーのウロコ」は【2021年5月2日(日)~5月14日(金)閉店&オンライン23:59】までの予約が対象となります。取り扱い店舗は特設ページからご確認ください◎

アートワークは後日公開!夏を感じる”スケルトンパッケージ”を是非お楽しみに♪

▼「真夏のダイナソー」特設ページ
https://nisshoku-natsuko.com/SGMidsummer-dinosaur/

▼日食なつこコメント
 夏のまんなか、勢いよく立ちのぼる巨大な雲。
 呆気に取られた瞬間に私たちはもう真夏のダイナソーの背中に乗っているんだ。

 2021年夏は相変わらず様々なことに気を揉まないといけない夏になりそうなので、心だけでも果てまで吹っ飛んでいけるような爽快な音があればなーと思っていました。
 夏の空に突然現れすごい速度で成長していく積乱雲。あれを眺めて呆気に取られる瞬間は時が止まったようにゆっくりで、でもすべてが一瞬で過ぎていくようでもあって、すごく非現実的な時間です。ぽっかり空いた空洞みたいなこの瞬間を潜り抜けてこそ夏本番と思いますし、それを誰かと並んで首が痛くなるまで眺めていられたなら、どこへ行かれずとも完璧な夏がふたりの足元にはもう出来上がっている気がします。
 今作「真夏のダイナソー」は、多難な夏を笑って駆け抜けるためのおまじないとして作りました。この歌を口ずさみながらダイナソーの姿を探してみてください。ただただ笑うしかできないちっぽけな私たちのことを、きっと夏の彼方へさらってくれるはずです。
 
 私の下書きのダイナソーに鮮やかなウロコのキラキラや夏の色彩を重ねて生命を吹き込んでくださったn-bunaさん、そしてこのシングル音源 3 曲の制作に関わる全ての皆さまに、絶対的に最高で極上の夏が訪れることを強めの圧でお祈りし御礼の言葉に代えさせていただきます。

【商品情報】
タイトル:真夏のダイナソー
発売日 :2021年6月23日(水)
価格  :¥2,000+税/¥2,200税込
品番  :351-LDKCD
レーベル:Living,Dining&kitchen Records

収録曲:
01.真夏のダイナソー
02.ワールドマーチ
03.泡沫の箱庭

早期予約特典:
「ダイナソーのウロコ」法人別3種

早期予約対象期間:
2021年5月2日(日)12:00~2021年5月14日(金)閉店&オンライン23:59
https://nisshoku-natsuko.com/SGMidsummer-dinosaur/

※法人によって取り扱いが開始されておらず、特設ページからアクセス出来ない場合もございますが、順次開始いたしますので、日を置いて再度ご確認いただきますようお願い申し上げます。

04/18

更新

新MV素材の募集について

日食なつこの新曲のミュージックビデオ制作にあたり、「ダイナソー」のような雲の写真、動画素材を募集いたします!以下、注意事項までお読みいただき是非ご応募ください!
 
 
「あなたのフォルダに眠っている「ダイナソー」の写真、ちょっと貸していただけませんか?

ダイナソーと言っても勿論ホンモノの恐竜じゃありません。
夏なんかによく見る青空にたちのぼる入道雲や巨大な雲、あれを私が勝手に恐竜に見立てて呼んでいる名前です。
そういう写真、お持ちじゃありませんか?よかったらちょっと貸していただきたいのですが…。

何年前のダイナソーでも大丈夫です。
何匹送っていただいても大丈夫です。
勝負カメラで撮った渾身の1枚だったりすると、もっと嬉しいです。

参考に私のフォルダの中身をば。

これは4年前に大阪で撮ったダイナソー。暑かったなぁ。
…こんなかんじであなたのお手持ちのダイナソーの写真を、ちょっとばかしお貸しいただきたいのです。

最高の「夏」にしてお返ししますので。
 
 
日食なつこ」
 

 
▼募集期間
2021年4月18日(日)12:00 ~
2021年5月5日(水)23:59 まで

▼応募先
https://nisshoku-natsuko.com/contact/

▼応募にあたっての注意事項
ダイナソーのような雲の写真、動画素材を皆さまから募集いたします。以下の注意事項をお読みになりご応募ください。

・写真、動画素材は、データのみの募集とさせて頂きます。
・お送りいただいた写真、動画素材は、厳選の上、日食なつこの新曲のミュージックビデオにて使用し、一般公開させていただきます。(編集の関係上、全ての素材を使用できない可能性が高く、その際はこちらで選択させて頂きます。)また、販売させていただく可能性がございます。
・ご応募される方は、必ず撮影した方や、(写真に人物が映り込んでいる場合は)写っている方の許諾を得た上でご応募ください。ご送付頂いた素材に関しては、すべての権利許諾(肖像権等)を得たものと判断いたします。
・写真素材は、ファイルフォーマット:JPEG(.jpg)で、オリジナルサイズのものでお願いいたします。 (出来るだけ大きい、解像度の高いデータが望ましいです。)
・動画素材は、ファイルフォーマット: MOV、MP4等で、オリジナルサイズのものでお願いいたします。 (出来るだけ大きい、解像度の高いデータが望ましいです。)
・お送りいただく際は、オンラインストレージ等へアップロードの上、リンク先をメールしてください。直接メールに添付はしないでください。
・ご応募いただいた写真、動画素材は採用・不採用に関わらず返却できません。予めご了承下さい。
・素材を使用させて頂く際には、トリミングや色調整など、編集させて頂くことがございます。予めご了承下さい。
・ご応募いただいた写真、動画素材の採用にあたっては、原則的に応募者様へ個別のご連絡は行いません。また、ご応募いただいた素材の採用の有無その他事項に関するお問い合わせにはお答えいたしかねます。
・採用になった方の写真素材、動画素材、及び上記収録映像は、株式会社 エル・ディー・アンド・ケイの管轄の下取り扱わせて頂き、その著作権・著作隣接権を含むすべての権利は弊社に帰属するものとします。
・ご提供頂いた個人情報は、当企画に関連する目的以外で利用することはございません。漏洩や紛失等から保護するために必要な対策を講じて保管させて頂きます。
・ご応募に際して生じた諸費用に関して一切負担致しかねます。

皆様のご応募、お待ちしております。

04/17

更新

「エピゴウネ」MV公開

2014年8月にリリースした3rd Album『瞼瞼』より、M4「エピゴウネ」のMusic Videoを公開しました!

ファン投票制のランキングやストリーミング再生数でも常に上位に位置し、リリース当時から現在まで根強い人気を誇る楽曲「エピゴウネ」。今回、プロデューサーの恵水流生氏より突然のラブコールを頂き、約7年を経てMusic Videoの制作が実現しました。是非チェックしてください!

▼「エピゴウネ」Music Video
https://youtu.be/XijHok1RRtk

▼日食なつこコメント
まずは恵水さんはじめ「エピゴウネ」MV制作チームの皆様、すばらしい映像をありがとうございました!鳥肌が立ち続けっぱなしの不穏でノスタルジックで美しい映像、個人的嗜好ドまんなかを貫かれてしまい本当に驚きました。これをMVとして公に冠することのできる「エピゴウネ」を誇りに思います(なんなら若干嫉妬しています)。

この曲はもう何百回と歌ってきた曲ですが、まさか発表から約7年もの時を経て、こんな形に変貌を遂げることになろうとは思いもしませんでした。
幼い彼は何を討とうとしている?その後ろに「エピゴウネ」が流れる意味とは?自分の楽曲が全く別の姿になって銃口を向け返してきた錯覚に陥りました。最高に不気味です、最高ですもうほんと。
観れば観るほど謎が増えドツボにはまるこの映像において、私個人は解説や解答を望みません。謎は謎のまま正体不明で在る時こそ最も美しくて強い引力を有していると思うんです。これをご覧になる方はどうぞ口を閉し、各々バックボーンや原風景だけを連れて、誰の言葉も借りずにこの沼に歩み入ることを強くお勧めいたします。

▼(株)emir heart 代表 恵水流生氏コメント
日食なつこさんの曲「エピゴウネ」のMVをプロデュースさせて頂きました(株)emir heart 代表の恵水流生(えみ りゅうせい)です。

初めて日食なつこさんのLiveに参加した時、ああ天才って居るんだなと、驚きと尊敬と嬉しさに震えました。そのパフォーマンスを観て並大抵の努力では成し得ないと感じたからです。
私も表現を扱う仕事をしておりますが努力をしてもしても足りないことばかりです。
そんな中でも1番心に刺さった曲が「エピゴウネ」でした。
何かを目指している者には強く感じるものがあるのではないでしょうか。
私にとっては困難に立ち向かう気力を与えてくれる曲でした。

この曲の映像を創ってみたいという強き想いが湧き上がり、監督やスタッフと打ち合わせをし、半ば強引にというか勝手にこのMVを創らせて頂きました。
その頃には監督やスタッフ全員、日食なつこさんの大ファンになっていましたよ。
私達は普段、映画を創り表現しています。
このMVには日食なつこさん本人は出てきません。
ただ確かにその存在を感じさせるものに仕上がっているとおもいます。
このMVはいわば私達からのLove Letterのようなものです。

【(株)emir heart公式HP】
https://www.emirheart.com

【商品情報】
タイトル:瞼瞼
発売日 :2014年8月20日(水)
価格  :1,800円+税
品番  :LDQF-10001
収録曲 :
1.水流のロック
2.竜巻のおどる日
3.雨雲と太陽
4.エピゴウネ
5.青いシネマ
6.数える
7.三面鏡