Image Image Image Image Image

NEWS

07/22

更新

「必需品 (album ver.)」Music Video公開

ニューアルバム『ミメーシス』より、5曲目「必需品 (album ver.)」のMusic Videoを公開しました。

日食なつこ ‘必需品 (album ver.)’ Music Video
https://youtu.be/VHw7bj2HW6k

今回の映像はセルフプロデュース作品となり、企画・編集から全て日食なつこ本人が制作。歌詞に出てくる”買ってこなくちゃ”いけない必需品や、4th Full Album「ミメーシス」を携えたリリースツアー「蒐集行脚」中で足りなくなった必需品の数々、ツアー中の様々なシーンを押さえた写真で送る、ロードムービー的Music Videoが完成しました。
今、自分にとっての必需品は何でしょうか?思い浮かべながら、是非楽しんでご鑑賞ください♪

— 日食なつこコメント —
「蒐集行脚」中に足りなくなった必需品を写真にして並べたら、ツアーそのものを振り返る作業になっていてなんだか感傷的になったのでMVを作りました。
私自身の舞台裏の姿やこの旅を共に歩んでくれたチームメンバーの面影、はたまたツアーに来てくれた人の中には「これはいつぞやの…?」なんて思い当たる1枚もあったりするかもしれません。

買い足しても買い足しても無くなっていく必需品は、どれほど積み上げても薄れていってしまう日々の記憶と似ています。だからこそこうして映像に残しておけば、きっと何年経とうと思い返す機会に恵まれるだろうなと。
いずれきっとかけがえがないものになる、でも今は只々ささやかな、私たちの旅の記録映像です。

— 楽曲配信サイトはこちら —
https://orcd.co/nisshoku

07/09

更新

2022年秋・日食なつこソロツアー『令和モダニズム』開催決定!


 
ピアノ弾き語りで歴史ある洋館を巡るソロツアー『令和モダニズム』の開催が決定しました!

会場には初日・池袋自由学園 明日館のような重要文化財をはじめ、現存する日本最古級の映画館や文化遺産、100年以上の歴史を持つ建物など、明治・大正・昭和の時代に建設されたレトロで貴重な建築物が選ばれ、10月06日東京を皮切りに、全国8箇所で開催します。

ピアノ弾き語りのソロツアーは約3年ぶりの開催。各会場それぞれの歴史や魅力、雰囲気と日食なつこの音楽とが融合した、コンセプチュアルなツアーならではの非日常的でプレミアムな時間をどうぞお楽しみに♪

チケットは7月09日(土)21:00よりオフィシャルHP先行が開始。詳細は特設サイトをチェック!

— 日食なつこコメント —
「遊泳喫茶」「欄干わたり」などこれまで数々のコンセプチュアルなソロツアーを開催してきましたが、今回またひとつ新たな趣向の旅を思いついてしまいました。
題して「令和モダニズム」。
かつて西洋文化が勢いよくなだれ込んできた頃の和洋折衷あかるくひらけた文明開化時代の日本、その名残を色濃く感じる洋館や講堂といったレトロで趣ある会場をわたり歩くツアーです。

演目、衣装、グッズ…こだわり甲斐がありそうでワクワクしています。
素敵な会場に足を踏み入れるにふさわしい、とびきりの一丁羅でお会いしましょう。

▼特設サイト
https://nisshoku-natsuko.com/reiwa-modernism/

▼チケット情報
オフィシャルHP先行:7月9日(土)21:00〜7月18日(月・祝)23:59
https://eplus.jp/nisshoku-2022hp/

▼ツアースケジュール
日食なつこソロツアー「令和モダニズム」
10月06日(木) [池袋] 自由学園 明日館・講堂
10月14日(金) [新潟] 高田世界館
10月21日(金) [佐賀] レストラン&カフェ浪漫座
10月28日(金) [山形] 山形県郷土館 文翔館
11月05日(土) [高松] 四国村カフェ
11月11日(金) [岡山] ルネスホール
11月19日(土) [札幌] 豊平館
11月26日(土) [京都] 紫明会館

※クラウドファンディングプロジェクト「日食なつこの本領発揮。1発録りで20曲宅録ベストアルバム制作計画。」―『いつの日か楽屋ご招待』チケットの執行に関するご案内[こちら]
本ツアーでも見送らせていただくことになり、楽しみにお待ちいただいていた方には大変申し訳ございません。何卒ご理解賜れますと幸いです。よろしくお願い申し上げます。

07/03

更新

「meridian」Music Video公開

 
ニューアルバム『ミメーシス』より、4曲目「meridian」のMusic Videoを公開しました。

日食なつこ ‘meridian’ Music Video
https://youtu.be/7K1KFUO3tS0

太陽が最も高く昇った瞬間のことを指す言葉「meridian」。日食なつこが高校3年生・18歳の時に制作したこの楽曲は、受験シーズンを前に起きた出来事から書き綴られました。呟くように、時に捻り出すような歌にピアノとギターの音がやわらかく寄り添い、深くにじみ込むような楽曲となっています。

Music Videoは様々なCMやLOOK BOOKを手掛けるTen to Sen Inc.の大崎大氏と初タッグを組んで制作。ほのかな明かりと水面にゆらぐような光、逆光を受けて広がる闇など、洗練された明かり作りによって丁寧に、美しく展開し、楽曲の世界観をより引き立てる仕上がりとなりました。

制作から時を経てリリースされた今作。当時の制作秘話を綴ったエッセイも公開されているので、Music Videoとあわせて是非ご覧ください。

— 日食なつこコメント —
太陽がいちばん高く昇る瞬間、地上にはほとんど影がなくなります。
真上から容赦なく降り注ぐ光を受け止めきれずに押し潰されたあの子。
それを見ていながら何もできなかったあの時の、18歳の私が書いた言葉です。

楽曲配信サイトはこちら
https://orcd.co/nisshoku